JAPANESEENGLISH

人工知能が浸透する社会を考える

人工知能学会誌の表紙デザインは物議を醸したが,その過程において,生活の中に埋め込まれる人工知能技術について,多くの課題や問題点が顕在化し,社会と人工知能技術について,改めて思索する端緒となった.

言うまでもなく,人工知能技術は社会への浸透を急速に深めていく様相を呈している.Google Glass等のウェアラブルデバイスが普及に向けた第一歩を踏み出し,自律的に走行・飛行するロボットカーやマルチコプターが続々登場し,またエンターテイメントの分野でもWatsonが人間を超える能力を示し,卓越した囲碁プレイヤーも生み出されようとしている.このような社会状況,技術動向からも,様々な知能技術と社会の関係について改めて考えざるを得ない.

今後,人工知能の分野で培われた技術の社会実装の流れは加速するだろう.我々は,人工的に構成された知的技術と共存する社会を生きていく事になるかもしれない.では,我々の日常の様々な局面に立ち現れる知能技術はどのような姿であれば良いのか.社会に浸透する知能技術はどのようなインタフェースを纏うべきなのだろうか.そして,我々の日常に高度な知能技術の存在を前提とした時,どのように社会制度を再設計し,倫理観をどのように捉え直していくべきなのだろうか. 知能技術への脅威論も囁かれる中,新しい人間社会について,分野を超えた深い議論を我々は開始しなければならない.

そこで,人工知能技術と社会について,多様な意見を集めまとめ上げ,知能技術が社会的な受容性を得るためにどのような事に留意すべきか,人間・AI融合時代の社会の制度や倫理等のテーマについて議論するための有志による集まりを組織するに至った.

AIRメンバーリスト

We should think about the penetration of Human Society by AI.

The December 2013 cover of the Japanese AI Journal evoked controversy. It provided an opportunity for AI researchers to think about the social impact of AI technologies on present and future human society.

Needless to say, AI technologies have rapidly penetrated human society. The large variety of wearable devices such as Google Glass provided its first step toward full adoption. Autonomous vehicles and multi-copters will come. Even in the field of entertainment, Watson has already shown its outstanding performance as a quiz player, and a dominant "GO" player will be invented by the application of AI. The trends demand that we think about the relationship between AI technologies and human society.

In the coming decade, a large numbers of AI-based systems/technologies will be applied to diverse aspects of society. Presumably, we will live together with many types of artificial intelligence. If so, what is an appropriate representation of such AI? What is a suitable interface? Moreover, assuming that the environment is full of intelligent systems and technologies, how do we restructure our society and modify our sense of ethics? These are very difficult problems and require inter-disciplinary discussions.

Consequently, we have organized a special interest group to address emerging issues raised by the future human society full of AI technologies.

Member list of AIR


公開ワークショップ:人工知能が浸透する社会を考える2015@STS学会

「人工知能が浸透する社会を考える2015」
科学技術社会論学会 公開ワークショップのご案内

日程:2015年11月21日(土)13:20-15:20
場所:東北大学川内南キャンパス(仙台市青葉区川内27-1)E会場
   http://jssts.jp/annualmeeting/2015/access.pdf

■趣旨

現在,人工知能に関する話題は多く,その社会的影響を議論する異分野間対話が求められている.Acceptable Intelligence with Responsibility (AIR)研究グループは,人文・社会科学者による①ELSI調査グループ,人工知能研究者による②AI社会応用調査グループと,両者を有機的に結びつける科学技術社会論や科学コミュニケーションを専門とする③対話基盤設計グループを設け2014年度から活動を行ってきた.具体的には(1)政府による干渉や産業による利益誘導に左右されない,異分野間の対話・交流を促すための媒体や基盤をボトムアップで構築し,(2)対話を通して,人工知能の目指すべき共通アジェンダや社会の未来ビジョンを設計し,技術開発・実装時の新設計基準や規範・倫理・制度に関する価値観を提案することを目的としている.

本公開ワークショップでは,AIRプロジェクトメンバーによる話題提供を前半に行い,プロジェクトの概観とこれまでの活動について紹介を行う.その後,人工知能の在り方を考えるうえで明らかになってきた異分野間の協働研究の可能性と課題について来場者とともに、多角的な視点からの議論を行うワークショップとしたい.

Continue reading




(公財)国際高等研究所のH27研究プロジェクト採択

公益財団法人 国際高等研究所の平成27年度研究プロジェクトに採択されました.研究期間は3年間です.

プロジェクト名:人工知能に関する問題発掘型対話基盤と新たな価値観の創出
研究代表者  :江間 有沙
研究目的要旨 :
現在、人工知能に関する話題は多く、その社会的影響を議論する異分野間対話が求められている。本研究プロジェクトでは、(1) 人文・社会科学者によるELSI調査グループ、(2) 人工知能研究者によるAI社会応用調査グループと、(3) 両者を有機的に結びつける科学技術社会論や科学コミュニケーションを専門とする対話基盤設計グループを設け、政府による干渉や産業による利益誘導に左右されない、異分野間の対話・交流を促すための媒体や基盤をボトムアップで構築する。また、対話を通して、人工知能の目指すべき共通アジェンダや社会の未来ビジョンを設計し、技術開発・実装時の新設計基準や規範・倫理・制度に関する価値観を提案することを目的とする。
プロジェクト概要URL:http://www.iias.or.jp/research/project/2015_02.html


AIR Newsletter Vol.1, No.3

pdficon_largeAIR Newsletter Vol.1, No.3

JAPANESE

人工知能が浸透する社会を考えるワークショップ第三弾 報告

はじめに:2014年度を振り返って

始まりは、2013年度末に世に出た一枚の絵だった。その絵が世間を賑わしたのは1か月にも満たなかった。しかし、それをきっかけとして、このワークショップや研究グループが形成されたのも事実である。
 「人工知能が浸透する社会を考える」というテーマで、人工知能学会9月号に小特集を組むことで、本研究グループのコアメンバーが集まった。これで終わりにせずに、とりあえず問題を理解するためのワークショップを2014年度中に3回開催しようと関係者に声をかけ始めたのは2014年の7月半ばだった。手探りで始めた活動だったが、これは今まさにやらなければならないプロジェクトだとの確信は皆に共有されていたように思う。
 海外でも、2014年にスタンフォード大学がAIと未来社会に関する研究プロジェクト(AI100)を立ち上げたほか、ボストンを中心に活動をするネットワーク団体The Future of Lifeも研究助成プログラムを立ち上げた。
その意味で2014年度は、人工知能の浸透する社会についての再考が始まった年であったともいえよう。
 立ち上げとなった第一弾(9月)、科学技術社会論学会での議論を行った第二弾(11月)に続き、区切りとなる今回のワークショップ第三弾では、本研究グループが来年度以降、どのような問題意識を持って研究会を重ねていくのかの議論が行われた。

Continue reading


AIR Newsletter Vol.1, No.2

pdficon_largeAIR Newsletter Vol.1, No.2

JAPANESE

人工知能が浸透する社会を考えるワークショップ第二弾 報告

はじめに:STSと人工知能

人と「知的」機械のインタラクションに着目したサッチマンのエスノメソドロジー研究や、人工物とジェンダーをめぐるハラウェイのサイボーグの概念、また近年のロボット技術に対するデュアルユース問題への懸念など、人工知能技術・ロボット技術などに対する科学技術社会論(STS)的アプローチの蓄積は少なくない。人工知能研究を含む情報学に対して、科学技術社会論をはじめとする社会・倫理・法学的アプローチを持つ研究者は、開発された技術の評価や、技術を普及するうえで障害となるだろうプライバシーやセキュリティの基準作りなどの実践的・応用的なトピック以外に対して、人工知能研究者とどのように議論してきただろうか。
また、人工知能研究者とともに、「知能とは何か」「どのような未来ビジョンを描くか」などのすぐには答えの出ない、しかし考え続けていくことが重要なテーマについてともに議論していくためには、どのようなネットワークや仕組みづくりが必要となってくるだろうか。
 このような問題に取り組むため、科学技術社会論学会にて人工知能研究に興味のある方だけでなく、生命科学や原子力、食の問題など様々な事例の研究者に参加いただき、人工知能が浸透する社会の今後について、科学技術社会論の持つ問題意識や取るべきアプローチについて、多角的な視点から議論を行うワークショップを開催した。

Continue reading


AIR Newsletter Vol.1, No.1

pdficon_largeAIR Newsletter Vol.1, No.1

JAPANESE

人工知能が浸透する社会を考えるワークショップ第一弾 報告

はじめに:ワークショップ開催までの経緯

人工知能学会誌の表紙デザインは物議を醸したが、その過程において、生活の中に埋め込まれる人工知能技術について、多くの課題や問題点が顕在化し、社会と人工知能技術について、改めて思索する端緒となった。
 言うまでもなく、人工知能技術は社会への浸透を急速に深めていく様相を呈している。Google Glass等のウェアラブルデバイスが普及に向けた第一歩を踏み出し、自律的に走行・飛行するロボットカーやマルチコプターが続々登場し、またエンターテイメントの分野でもWatsonが人間を超える能力を示し、卓越した囲碁プレイヤーも生み出されようとしている。このような社会状況、技術動向からも、様々な知能技術と社会の関係について改めて考えざるを得ない。
 今後、人工知能の分野で培われた技術の社会実装の流れは加速するだろう。我々は、人工的に構成された知的技術と共存する社会を生きていく事になるかもしれない。では、我々の日常の様々な局面に立ち現れる知能技術はどのような姿であれば良いのか。社会に浸透する知能技術はどのようなインタフェースを纏うべきなのだろうか。そして、我々の日常に高度な知能技術の存在を前提とした時、どのように社会制度を再設計し、倫理観をどのように捉え直していくべきなのだろうか。知能技術への脅威論も囁かれる中、新しい人間社会について、分野を超えた深い議論を我々は開始しなければならない。
 そこで、人工知能技術と社会について、多様な意見を集めまとめ上げ、知能技術が社会的な受容性を得るためにどのような事に留意すべきか、人間と人工知能融合時代の社会の制度や倫理等のテーマについて議論するための有志による集まりを組織するに至った。

Continue reading


研究会の名称

研究会の名称をAIR(Acceptable Intelligence with Responsibility)としました.
人々に認められる知能技術とは何か,そしてそれに関わる研究者の責任とは何かを考えたい,という意味を込めております.
また,AにはArtificial,Ambient,Accountable,Adorableなどいくつもの意味が当てはまるとも考えています.
そして,人工知能がAIRのように当たり前のように存在するってどういう社会だろう?ということを考えたいということです.

名前負けしないよう,励まねばなりません.


AISサイト仮オープン

「人工知能が浸透する社会」をテーマに,分野横断的な研究活動をするためのささやかな,しかし(勝手に)使命感を持った組織を作り始めています.このサイトは,そのメンバーのための情報共有のために利用します.